幼児

幼年期のアトピーには専用アイテムを|赤ちゃんの肌を守る成分

使う機会が少ないなら

親子

チャイルドシートは法律上は6歳未満まで使用の必要がありますが、実際は身長140cmを超えるまでは安全上使用した方が良いものです。普段使う機会が少ない場合は、レンタルがオススメです。種類もサイズも多くありますから、その時の年齢や身長に合わせて選べるのが嬉しいポイントです。

詳細へ

肌のトラブル

お母さんと幼児

外部刺激に敏感に反応

赤ちゃんの肌はとても柔らかく、様々なトラブルを起こしやすいです。生後まもない頃には乳児湿疹が見られ、顔中真っ赤になってしまう子もいます。湿度による変化は赤ちゃんの肌に影響を及ぼします。梅雨の時期には湿度も上がり、汗もかきやすく、あせもになる場合があります。また、冬の時期は乾燥により、かさかさした乳児湿疹を引き起こしやすくなります。ほとんどの場合は、赤ちゃんが成長するにつれて自然と治っていくものですが、なかなか治らず痒みを伴うものは、アトピーの疑いがあります。アトピーになると、塗り薬や飲み薬で対応していくことになりますが、原因が分からないとなかなか治りにくいものです。薬を塗ってもなかなか収まらない場合は、アレルギー検査をおすすめします。

薬の種類と対処法

赤ちゃんのアトピーを防ぐのに効果的なのが、赤ちゃん用の保湿クリームです。赤ちゃん用のものは大人用と違い香料などが入っていないため、低刺激であり敏感肌を傷つけません。また防腐剤をはじめとした刺激的な成分もほとんど含まれていないため、安心して使用できるでしょう。肌に塗ることで皮膚全体を薄い膜が包み込み、水分の喪失を防ぐことが出来ます。赤ちゃんがアトピーに悩まされている場合は、一定期間使用してみると良いでしょう。また、体の内側からアトピーを改善することも可能です。最近では乳酸菌がアレルギー対策に効くと評判になっていますが、赤ちゃんが食べられるよう調整されたヨーグルトや乳酸菌飲料が販売されています。こちらを使用することで、赤ちゃんの体質をアトピーに強いものへと変えることが可能でしょう。

赤ちゃんの安全をまもる

寝るベイビー

赤ちゃんを危険から守るため、多くの人が柵のついたベビーベッドを使用しています。これは、レンタルすることも可能です。使用する期間によっては、購入するよりも経済的ですし、設置場所などに問題がある場合には、別のものに交換することもできます。また、手元に残す必要がある場合には、買い取ることもできるのです。

詳細へ

赤ちゃんの食事のために

哺乳瓶

赤ちゃんはそれぞれ哺乳瓶の飲み口を吸う力が違いますので、最も飲みやすい製品を購入してあげるにはリサーチが必要となります。リサーチする場合は、実際に赤ちゃんの特徴をもとに哺乳瓶の評価をしている方の意見を参考にしましょう。

詳細へ