赤ちゃん

幼年期のアトピーには専用アイテムを|赤ちゃんの肌を守る成分

赤ちゃんの安全をまもる

寝るベイビー

赤ちゃんは、生まれてからしばらくは、それほど激しく動かないので、床に敷いた布団などに寝かせておくことができます。しかし生後数ヶ月ほどで寝返りをしたり、つかまり立ちやハイハイをしたりするようになります。すると布団から転がり落ちたり、一人で移動して家具などにぶつかったり、異物を口に入れたりすることがあります。怪我や病気の原因となるので、床に敷いた布団で寝かせておくことは危険なのです。そのため多くの人が、育児にベビーベッドを利用しています。ベビーベッドなら、柵がついているため、転がり落ちたり移動したりすることが防がれやすくなります。とはいえ、ベビーベッドを使用するのは、一般的には生後1〜2年程度となっています。そのため購入は不経済と考える人も多く、昨今ではそのような人のために、ベビーベッドはレンタルできるようになっています。

また、ベビーベッドを購入しても、部屋の大きさによってはうまく設置できないことがあります。また、赤ちゃん自身が気に入らず、その中でなかなか寝ついてくれないということもあるのです。しかしレンタルを利用すれば、設置できるかどうか、赤ちゃんが気に入るかどうかを確認することができます。そしてそれらに問題があった場合には、別の大きさやデザインのベビーベッドに交換してもらうこともできるのです。購入してからの返品や交換は困難ですが、レンタルならそれが容易にできるわけです。また、レンタルしたものの、愛着がわいたり次の赤ちゃんが生まれたりといった理由で、手元に残すことを希望する人もいます。そのような場合には、レンタルしたベビーベッドを買い取ることも可能となっています。